スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルメディア革命

今ネット業界は変革の時期にあります。

1995年のWindows95の登場と携帯電話の普及が情報革命をもたらしたことは誰の目にも明らかですが、現在はFacebook、twitterなどに代表されるソーシャルネットワークやユーチューブユーストリームなどの登場、さらにはスマートフォンなどの新しい機器の登場で時代は大きく変わっています。

これらは一般にソーシャルメディア革命と呼ばれていますが、私は第2次情報革命と呼んでもいいと思います。
今後のネットビジネスは、ソーシャルメディアとモバイル、そしてパソコンといった、3つの柱で考えて行く必要があると言われています。

時代が大きく変わる部分と変わらない基本の部分、ネットビジネスは新しい展開を見せていると言えます。

売るための仕掛け1  キャッチコピー

自分のサイトを持つとなると、誰もが犯す間違いがあります。
それは綺麗でおしゃれなページを作ろうとすることです。
ページのおしゃれ度と売れるかどうかは全く別物です。

もちろん商品によっては、デザインで売る物もないことはありません。
その他の物でも、綺麗なサイトの方が売れやすい部分もあります。
しかしその比率は皆さんが思っているほど大きくありません。

例えば皆さんが、単にきれいにデザインされただけのカタログを見た時を思い浮かべてください。
それよりも今日食べたいと思っていた物が「半額」という大きな文字に心を奪われるはずです。
売るためのキーとなるものは言葉です。
その言葉をより印象深くインプットさせるための、インパクトのある画像があればなおベターです。
これをキャッチコピーといいます。

興味を引くキャッチコピーで無関心な通行人を振り向かせましょう。

フロント商材とバックエンド商材

商材による役割の違い

野球には打順と言うものがあります。
それぞれの打順には役割に合ったタイプの打者を配置します。
例えばトップバッターは足が速くて出塁率が高い打者。
2番はやはり俊足でバントなどの小技が利くタイプ。
3番、4番、5番が強打者。
クリーンアップの中でも3番は長打力、打率、走力など全てに優れたバランス型
4番はチーム最強打者
5番は思い切りが良くて勝負強い打者・・
などです。

これと同じでネットショップの商品にも打順のようなものがあります。
まず最初は導入商材、フロントエンド商材ともいいます。
店の特徴を出すことができてお客の気を引きやすく、価格が手ごろな商品です。
2番バッターはリピート商材、比較的一般的なアイテムで使用頻度が高く、価格の安い商材が適します。
そしてバックエンド商材、最も利益率の高い商材です。
これが3野球の3番、4番のように2アイテム有るのが理想です。
それともう一つコア商材と言うのがあります。
店の商品ジャンルに対して、マニアックな関心のあるお客を引き付ける商材です。

導入商材は儲けることよりも、お客様になっていただく事が目的となります。
そこからリピート買いしていただき、バックエンド商材へとお客を引き上げるのがネットショップオーナーの腕の見せ所です。
メルマガ、ブログ、フェイスブック、イベントなどを有効に活用し、通りすがりのお客→リピート客→固定客→ファンとなるような営業活用が大切なのです。
商材の構成は商品ジャンルによって異なりますので一概には言えないのですが、できればフロント商材とバックエンド商材の2アイテムは欲しい所です。

またフロント商材の前段階として、プレゼントキャンペーン→オークション→期間限定セールなどを置くのもいいでしょう。

メルマガのコツ

メルマガを書くのが苦手と言う方も少なくないと思います。
いきなりいい文章を書こうとすると、何を書いていいのかわからず、いつま
でたっても白紙のままといったことになってしまいます。

まず大切なことは、無味乾燥な文字を整然と敷き詰めるのではなく、平易な
言葉で友達に話しかけるような文面をこころがけることです。

そして適度に行間をあけて、見やすい文章にしましょう。
失礼にならない程度に絵文字を使うのもいいでしょう。

それからいきなり商品を売ろうとすると、誰も見なくなります。
(売ろうとしていた商品が、偶然相手が探していた商品だったりすると、
まれに売れる事もありますが、それは例外と考えるべきです。)

例えるなら、交際相手といきなりゴールインではなく、まずは友達になる
ことから目指すようなものです。

ですから、相手との距離や年齢、性別、興味、趣味などでメールの内容も
変わるのが理想です。

とはいっても相手を細かく分けてメルマガを書くような時間が無い方がほ
とんどだと思います。

そこで、メルマガの構成を3段階に分けます。

最初はつかみといって、相手が興味を持つような話題、今日起きたことや
日常の気楽な話題でも結構です。
話題が見つからない時も、ネット上にいくらでも話題が転がっています。

最後に売りたい商品を紹介することになりますが、最初の話題から商品の
話題への転換させるテクニックがあれば、売れるメルマガを作ることが可
能です。
このつかみから商品に持っていく話の事をつなぎと言います。

つかみ→つなぎ→商品プロモーションへの流れを作ることが、売れるメル
マガにするコツです。

更に詳しくお知りになりたい方は、お気軽にご相談ください。

  ネットショップが作れるパソコン教室 わたらせPCスクエア

広告の出し方

先にお話ししたと思いますが、お金も労力もかけずに
儲けようというのは少々虫が良すぎます。
残念ながら、商売の成功には苦労とリスクがつきものです。

ネットショップでお客を集める手段として、最も一般的な
のは、キーワード広告です。

キーワード広告とは検索キーワードに連動して、検索結果
の上(もしくは横)に表示される広告のことで、一見する
と検索結果と見間違えます。

一般的な物としてはヤフーのスポンサードサーチとグーグ
ルのアドワーズがありますが、検索結果と同じようにタイ
トルと内容説明文から構成されています。

料金はキーワードごとの入札制で、支払金額の多いほうが
上位に表示されやすくなります。
また、広告の掲載順位が上位3位以内でないと、クリック
してもらえる確率が極端に落ちてきます。

ですから需要が多く、競争が少ないキーワードを見つける
ことが大切になるわけですが、単語を組み合わせることで
競争を少なくすることもできます。

また、自分のサイトが表示されるたびに料金が発生します
ので、できるだけ買ってくれる人が検索しやすいキーワード
で登録する必要があります。

例えば料理などのキーワードで検索する人は、料理のやり
方やレシピを調べるだけで終わってしまいます。

商品名で網を張ったほうが良いわけですが、肉よりも
鹿児島産黒毛和牛のように、より具体的なキーワードの
方が広告料も安く、売れる可能性は高くなります。

ただキーワード需要が少なすぎても駄目です。
キーワードを探すコツは授業でたっぷりご説明させていた
だきます。
プロフィール

watarasepc

Author:watarasepc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。