スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットショップの作り方 ページ制作編

ネットショップの作り方 ページ制作編

いよいよページ制作編です。
まず、商品画像の撮影からです。
商品は少し離してズームで取るのが基本です。
これは近づいて取ると商品上部の面が遠い部分ほど幅が狭くなるため、例えば四角い部分ならば台形に写ってしまうからです。
この時、画像がぶれないよう、安いもので結構ですので三脚を用意するといいでしょう。
反対に商品にカメラを近づけて撮影すると遠近感がでてきますので、インパクトを与える効果があります。
更に時間があったら、実際に手にとって見るようにできるだけいろいろな角度から撮りましょう。
次に画像編集ですが、撮影した写真をそのまま載せると少し暗くなりますので、明るさやコントラストなどを調整します。
商材によって若干調整のポイントは異なりますが、必要以上の調整は詐欺になってしまいますのでご注意ください。

そして商品ページを作るわけですが、ご注意いただくことは、売れるショップサイトを作るのときれいなカタログを作るのは全く違うということです。
買う人にとってはパソコンと相対しているネットショップだからこそ「人が接客してくれている感」が重要なのです。

次に皆さんが靴屋さんでもなんでもいいのですが、実際のお店に入った時のことを想像してください。
いきなり店員さんがそばに来て売り込まれたらいやだと思います。
靴を眺めたり見比べたりしているうちに、だんだん欲しい物が出てきます。
この徐々に変化をしていくお客の心理に合わせて、ページ制作は行われます。

もちろん初めから完全なページを作る必要はありません。
まずは商品名、商品画像、値段などの必要最低限度の情報を入れたら早く公開してしまいましょう。
そして思い付いたことがあれば、その都度情報を追加していけばいいのです。
こうした方が検索サイトにページの存在を早く知らせる事が出来ますし、ページを頻繁に更新した方が検索上位に行きやすいのです。

初心者の方ほどキレイにデザインされたページだけが良いページと思ってしまいがちなのですが、本当の意味でのトッププロは、検索サイトに優遇されやすいプログラミングのやり方を熟知しているのです。
興味のある方は勉強してみるのもいいでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : インターネットビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

watarasepc

Author:watarasepc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。