スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットショップの作り方 コンセプト編

ネットショップの作り方 ショップコンセプト編

パソコン教室でよく聞かれます。
インターネットのお店は儲かりますか?
答えはYESでもNOでもありません。
2008年までの資料では年20%の成長を遂げています。(今年は震災の影響で落ちると思われますが、長期的スパンではマーケット全体の右肩上がり傾向はもう少し続くと思われます。)
そしてこれは日本の高度成長期や中国の高度成長の約2倍の成長率です。

しかし・・しかしです。
それゆえにネット市場は参入業者も多く、その中で勝ち抜いて行くのも大変です。
例えば人口10万人の町で2番のお茶屋さんがあったとします。
人口比率で考えると全国ではせいぜい1000番目以下です。
皆さんはヤフーやグーグルで1000番目に出てくるお店で買うでしょうか?
買うどころか、誰の目にも触れないと思います。
ネットショップで成功するには、スポーツに例えれば最低でも全国大会で上位入賞を果たさなければならないのです。
町内運動会で優勝するくらいではお話になりません。
「じゃあうちの会社にはとても無理じゃないか」とか、「趣味で作っている物を売りたいだけだから私にはとても無理だわ」などと諦める必要はありません。
なにも野球やサッカーのようなメジャーなスポーツの全国大会で上位入賞する必要は無いのです。
100人に一人しか知らないマイナーなスポーツでもいいですし、場合によっては新しい種目を自分で作ってしまってもいいのです。

例えば毎朝飲むお茶には何がいいだろうか?と探している人がいたとします。
検索ボックスには「朝 茶」と入力します。ここであなたが朝茶ドットコムなどというネットショップを作ってあれば、おそらく検索結果の上位に引っかかるでしょう。
朝飲むお茶を探していたお客は、まさに自分が探していた店だと思うに違いありません。
あくまでも例えですので実際に朝茶ドットコムが売れるかどうかはわかりませんが、これがショップコンセプトを考えるにあたっての重要なカギなのです。

今皆さんの会社で扱っている商品やサービスをもう一度見直して見てください。
ネットショップ作りはまず商品や売り方に独自性を持たせることから始まります。
そして更に、そこにライバルがいない商材であればオンリーワン商品になります。
オンリーワン商品で無くても、買う人の目的に合わせて、ショップの見せ方(ショップコンセプト)を工夫することよって朝茶ドットコムのように独自性を出すことが可能です。

しかしネットビジネスは、独自性のある商材を用意してホームページを作るだけで売れると言うほど甘い世界でもありません。
ネットショップで成功するには様々な法則やノウハウがあります。
次回以降、ネットショップの進め方について順を追って説明したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

プロフィール

watarasepc

Author:watarasepc
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。